2020年05月28日

門前の小僧

 このところ,ブログが虫籠のようになってきました。実はまだまだあるのです。私めがあからさまに虫の写真なんぞを撮り出したので,愚妻まで虫に取り憑かれてまいりまして,
 「ねぇ,バスタオルに虫がついてたわよ。」
 「ねぇねぇ,お花に蝶々がきてるわよ。」
 「ねぇねぇねぇ,イトトンボがいたわ!」
なぞと,いちいち報告してくれたり,ティッシュに包んで持ってくるのです。そうなると,一応詳しく調べ写真など撮っておかなければなりません。おかげさまでブログの材料が虫だらけになってしまいます。
 虫だけではありません。草花のこともよく話題になります。
 「電車から見えたんだけどさぁ,カラスノエンドウのサヤが黒くなってるのよね。だから,カラスっていう名前なのかしら?」
 「う〜む,そうかもしれないねぇ。」 実際そうらしいのです。
カラスノエンドウ実3.jpg
カラスノエンドウ実1.jpg
カラスノエンドウ実2.jpg
 このように見てみると,確かに黒くカラスのような感じですよね。
 「カラスノエンドウより小さいのもあるわよね!?」
 「あぁ,あれは『スズメノエンドウ』っていうんだよ。」
スズメノエンドウ.jpg
 「へぇ,カラスより小さいとスズメなの?」
 「中間のもあるよ。」
カスマグサ.jpg
 「これは,『カスマグサ』っていうんだ。」
 「『カス‥』??」
 「『カスマグサ』。『カラスとスズメの間』っていうことだろうね。」
 「へぇ,それなら『鳩』よねぇ,『ハトエンドウ』の方がいいわよ!!」
 「いや‥,まぁ‥,その‥,はい。」

 新型コロナウィルスもだいぶ治まってきました。6月はぜひぜひ定例ライブをやりたいものです。
posted by オンズ at 07:01| 茨城 🌁| Comment(0) | 植物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月25日

またまた,ごめんなさい!

 昨日,お花に水をあげていたら赤い虫が飛んできました。今まで見たことがないように思えたので,急いで部屋に戻り空き瓶を取ってきました。捕まえてよく観察してみると,やはり見たことのない虫でした。何の仲間になるのかさえ見当がつきません。口吻が長いので「ゾウムシ」関係かしら? でも,甲虫っぽくないなぁ! などと考えていたら,よく飛ぶヤツで,写真を撮る前にピュッと 飛んで行ってしまいました。
 とにかく赤く,3cmぐらいの大きさで,口吻が目立ち,すごい姿をしているのです。
 そこは困った時の神頼み。あの虫にも一度合わせてちょうだいませませ! と思っていたところ,偶然というのは恐ろしいもので,今朝外でぼんやりしていると,何やら赤い虫がキラリン! オヨヨ,と思ってよく見てみるとあの虫でした。
アカサシガメ1.jpg
 急いで部屋からカメラと瓶を取ってきて逮捕しました。どうです?! すごいでしょう!! 昨日の個体より若干小さめですが,赤くて口吻が目立ちます。やはり何の仲間かはっきりしませんが,強いて言えばカメムシかしら? 例によって,図鑑とインターネットで調べてみるとビンゴ!!「アカサシガメ」という虫で,カメムシの仲間でした。
アカサシガメ2.jpg
 2番目の写真なら,口の部分が長くなっているのが確認できると思います。
アカサシガメ3.jpg
 口吻の先端は黒っぽく鋭く尖っていて,それを他の虫に刺して体液を吸い取るようです。あぁ恐ろしか,恐ろしか!!
posted by オンズ at 16:34| 茨城 ☁| Comment(0) | 虫籠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月20日

ごめんくさい!

オスグロトモエ♀1.jpg
 なんとも不思議な模様でしょう。お嫌いな方も多いと思うのですが,ちょっくら失礼してしまいます。正体はこやつです。
オスグロトモエ♀2.jpg
 拙宅の玄関にちゃっかり居座っておりました。ほうきで追っ払ったら,面倒臭そうにヒラハラと飛んで行きましたが,羽の裏は赤っぽく,羽ばたくごとにその赤がホラチラ見えるのでとても綺麗に感じました。
 名前がわからないので図鑑で調べようとしたら,なんと長い間行方不明だった虫めがねが図鑑に挟まっていました。
PLATE 98.jpg
 失くなってしまって,探すことさえ忘れていた虫めがねです。いやはやなんともですね。
 あそうそう,蛾の名前は「オスグロトモエ」です。こやつはメスですが,オスの方は黒褐色の地味なやつです。よくよく観察すればそれなりに魅力的なところを発見することができますが,ちょっと見にはやはり不気味さが勝ちますかしら。
 自然観察などを趣味にしていると,幼虫さんたちもよく現れてくれまして,それはそれは大変なものでございます。機会がありましたらご紹介したいと思います。これからの季節,瞬間的にはヒンヤリしますよ。
枝おり5月7.png
 前回のアップで「写真を頼むのを忘れた」と言ったら,早速水越さんがフェイスブックに投稿してくれたそうです。ありがとうございます。私め2号は,フェイスブックに参加しておらずブログの方だけの参加になっていますので,こちらで御礼申し上げます。
 1号バンマスが,「水越さんが写真投稿してくれたぞ。」とメールで送ってくれました。ご面倒おかけして,ごめんくさい。
posted by オンズ at 07:44| 茨城 ☔| Comment(0) | 虫籠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月18日

こっそり!枝おり5月ライブ

枝おり5月1.jpg
 という訳でもないのですが,枝おりライブやってまいりました。マスターも気を遣って(?)
枝おり5月6.jpg
「あぁ,対面では座らないようにね!」ということでしたが,観客は演奏者ともうお一方だけ。対面でなんぞ座る必要は全くありませんでした。とにかく自粛ムードを緩めるのではなく,なんかやらなきゃいけませんよね。
枝おり5月2.jpg
枝おり5月3.jpg
枝おり5月4.jpg
NOR AT BRETOF OE NAPPIRES.jpg
 みなさん,思い思いに自分の持ち歌を楽しそうに披露してくださいました。
 私め2号も演奏したのですが,写真をお願いするのを忘れました。
「茶つみ」「愛は君」「小さな手」「限りない欲望」をやらせていただいたのですが,『松山千春の「長い夜」をやって!』とリクエストをいただいてしまいました。残念ながら松山千春はON’sでも2曲しかやったことがなくて,「長い夜」はノーマークでした。あいにく歌詞とコードはお店にあったのですが,小さくて見えません。しどろもどろでやっちゃいました。
 いやはやなんともでございます。日頃の勉強不足がたたってしまいました。次回7月には,リベンジです。松山千春を勉強してやっつけてやろうと考えています。
 1号バンマスも治療やらおーいボイトレやら頑張っているようです。6月には是非とも本年2回目の復活ライブをやりたいものです。
posted by オンズ at 21:02| 茨城 ☔| Comment(0) | ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月10日

ゴチマイタ!

ノビル.jpg
 野山をウロウロしていると,思わぬ収穫があります。魅力的な草花や昆虫を目にすることも勿論ですが,美味しい自然の恵みにありつける場合もあります。
 上の写真は,ノビルです。子どものころ土手などでたくさん採って来ると母が油味噌にして食べさせてくれました。そのまま生で味噌をつけて食べてもなかなかのものです。天然のエシャロットという雰囲気ですが,更に野趣溢れた鮮烈さがあります。
 下の写真は,カラスノエンドウです。油炒めと天ぷらでいただきました。思った以上にサヤが固くて,風味もイマイチといったところでした。しかし,自然のものですから贅沢は言えません。花もとても美しく,サヤや若芽も食べることができて言うことなしです。
カラスノエンドウ(サヤ).jpg
カラスノエンドウ.jpg
 新型コロナウィルスの騒ぎは済んだわけではありませんが,さすがにウズウズしてきますよね。
 皆様,いかがお過ごしですか? 先日枝おりのマスターとのお話では,
「俺んとこは,中止にするとは言ってない。」
「じゃ,17日はやるんですね。」
「だから,こういうご時世だから,積極的にどうこうではなくて,中止にするとは言っ
 ていないのだ!」
ということでした。
 という訳で,私めもウスウスと行ってみようと思っております。
posted by オンズ at 21:35| 茨城 ☁| Comment(0) | 植物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする