2020年09月27日

ルコウソウ

ルコウソウ.jpg
 6月ごろだったでしょうか,種をまいたのに芽が出ず諦めて,鉢の土ごと庭の角の方にばらまいて放置していました。別の種類のハゴロモルコウソウは,よく成長し種もたくさん取れたのですが,こちらは芽が出ずがっかりしていました。
 ハゴロモルコウソウが終わりに近づいた頃,草取りをしていた愚妻が,
 「ねぇ,なんかそれっぽいのが出てるわよ。」
 「ふぇ,どれどれ。およよ,これルコウソウじゃないか。」
 「だしょ!」
 「何? その『だしょ!』っていうのは?」
 「『だよねー』っていうのと『でしょ』が混ざっちゃったのよ。」
 我が家では初めてのルコウソウです。線形の細い葉が特徴的で,星形の花もなかなか魅力的です。濃い紅色もなかなか良いのです。
マルバルコウ.jpg
 上の写真は道路のわきなとでよく見られるマルバルコウです。ルコウソウと同じ仲間なのですが,葉っぱの違いは歴然としていますし,花の色もこちらは橙色が強くなっています。葉っぱの丸いルコウソウという意味で,マルバルコウという正式和名になっています。上記二種の混雑種が,毎年我が家で咲いていたハゴロモルコウソウと呼ばれているものです。
ハゴロモルコウソウ.jpg
 鉢植えのものは片付けてしまったのですが,そこからこぼれた種から発芽し花をつけたものです。葉の様子が,ルコウソウとマルバルコウの中間といえばそう見えなくもないですか。

 昨日は,関東鉄道常総線のビール列車を迎えるイベントで,駅のホームで演奏してきました。ON’s 2号として「ちくわ隊(筑西わくわく探訪隊)」という活動に参加させていただいている関係で声がかかり,楽しんでまいりました。スタジオ温手の石川さんがBassを演奏してくれて,それはそれは楽しいイベントになりました。お客様も楽しんでくれたようで,幸にもものは飛んできませんでした。
 それにしても,石川さんのプレーがすごいんです。知らない曲だと思うのですが,楽譜も見ずに聞いた感覚でバラバラ弾いてしまうのです。お口アングリですよね。石川さん,楽しい演奏,本当にありがとうございました。

 肝心のON’sの方なんですが,1号バンマスすっかりやる気を取り戻して,
 「10月の定例ライブのメニューは,わしに任せい!」
と言うのです。
 「へぇ,じゃお願ぇいたしやす。」
 「それから,向こう3ヶ月の演奏予定は,大体こんなもんじゃ。定例ライブの他にもイベントがあるかも知れぬから,心しておけい。」
 「へ へへい。」
てな具合です。ま,とにかく元気になってよかったよかった。
posted by オンズ at 14:52| 茨城 ☁| Comment(0) | 植物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月21日

9月定例ライブ(今年2度目の復帰ライブ)

premare.jpg
 ただ好きなことを一生懸命に続けてきただけなのです。
 それを皆さんが,こんなに応援してくださるなんて,なんて幸せなバンドなのでしょう。
9月復帰ライブ2.jpg
 いやはや何ともでございます。大きな声出しちゃいけませんって言うのに,もう‥。
9月復帰ライブ3.jpg
 1号バンマスも無事復帰し,ON’s本来の演奏ができました。この上もなく楽しい夜をありがとうございました。
9月復帰ライブ5.jpg 9月復帰ライブ4.jpg
 ゲストコーナーでは,Mr. SmallbridgeとMr. Waterbeyondが頑張ってくださいました。お二人とも良い味出すんですよね。
9月復帰ライブ6.jpg
 10月は,どうやって楽しんでいただこうかしら‥。

演奏曲目
第一部 「雨」特集
 1 たどり着いたらいつも雨降り
 2 ある雨の日の情景
 3 冷たい雨が降っている
 4 雨が空から降れば
 5 雨の街を
 6 雨の物語
 7 Rhythm Of The Rain
 8 Raindrops Fallin’ On My Head
 9 Have You Ever Seen The Rain
10  傘がない

ゲストコーナー
Mr. Smallbridge
 1 狼になりたい
 2 ウイスキーの小瓶

Mr. Waterbeyond
 1 時代
 2 銀の雨

第二部 Simon & Garfankel 特集
 1 Feelin’ Groovy
 2 Bye Bye Love
 3 Wednesday Morning 3 A. M.
 4 El Condor Pasa
 5 The Only Living Boy In New York
 6 Homeward Bound
 7 Scarborough Fair
 8 Bridge Over Troubled Water
 9 The Boxer
10  The Sound Of Silence

アンコール
 1 Mrs. Robinson

 次の日は,枝おりのフォークコンサートで,マスターに勧められるまま,また演奏しちゃいました。
 「キャンセルされた人も来てるぞ。駐車場に入れなくてぐるぐる回りして帰って来ちゃった人もいるぞ。せっかく3人揃ってるんだから,なんかやれ!」
てな,具合です。そういう訳で
 1 あめふり
 2 雨降りお月さん
 3 たどり着いたらいつも雨降り
 4 雨が空から降れば
 5 Mrs. Robinson
以上5曲を演奏させていただきました。ありがとうございました。
posted by オンズ at 14:11| 茨城 ☁| Comment(0) | ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

枝おり フォークライブ

高校生の頃、一緒にバンド活動していたトッコさんが来てくれたので、今日行われる『枝おりフォークライブ』に行ってまいりました

このライブは1号の大好きなライブ。トッコさんも気に入ってくれたみたいです


カウンターお客様.JPG

お客様.JPG






さてさてトップバッターは『チーム奥筑波』さん。
今回はそれぞれがソロで歌うという企画で・・。
まずはアキラちゃん。 ベースをギターに持ち替えて「もずが枯れ木で」とモダンフォークの「グリーンフィ−ルズ」を歌ってくれました。
懐かしかったですね。

チーム奥筑波 1.JPG

中島・田辺 1.JPG





次は紅一点のゆきこさん。
なんといっても歌が上手い。声もいいし・・
ギターもまだやり始めて間もないのですが、きれいな音が出ていました。

枝 1.JPG






つづいてベテランの小橋さん。
昔懐かしいヘンリーの歌を歌ってくれました。ギターの腕前もシブいですが、選曲もシブいですね。昨日のON’sライブでも、演奏してくれました。

小橋 2.JPG






前半の最後は、やはり昨夜も演奏してくれたヨシノリさん。
今回は陽水・たくろうではなく、中島みゆきを歌ってくれました
いつもながら最高のステージです。

水越 1.JPG







5分の休憩を挟んで、後半戦スタート



まずアコースティクジョイさんから・・。
相変わらず面白いステージで、観客を沸かせます。最後の曲は今にも踊りだすんじゃないかと思うほどノリノリの曲で、今迄と違う一面を見せてくれました。・・・カッコよかったですよ

アコースティク・ジョイ 1.JPG






つづいてこちらもベテランのカイさん。
長谷川きよしの「別れのサンバ」を歌ってくれたんですが、ギターがメッチャカッコよかったです。ON’sの2号さんもやるんですが、負けてられないですね。

貝塚.JPG






ここでチーム奥筑波のタ〜さん。
いつもはギター専門なんですが、今回はソロの弾き語り。なんと世良公則の・・あんたに〜あげ〜〜〜た〜・・・を歌ってくれました。
いつものしげるちゃんとは思えないようなあのパンチ、どこから来たんでしょう・・・

田辺.JPG






トリは今回もON’sの2号さん。
ON’sでは出来ない清らかな歌を・・などとほざきながら歌ってくれました。・・・うん、この歌は1号には向いてないかもしれないね。

2号 2.JPG





これでライブのほうは無事終えたんですが、時間が少し残ったのでマスターから「3人いるし、ON'sで何曲かやってよ・・」と言う仰せで、2曲ほど歌わせていただきました。
昨夜につづき、気持ちよく歌っちゃいました
それにしてもここの (枝おりの・・)ステージは、何でこんなに緊張するんですかね〜〜





マスター、今回も大変お疲れ様でした。

マスター 2.JPG



2号さんもPAお疲れ様です。

2号 1.JPG





二人でヒソヒソ・・・

小沼・マスター.JPG
posted by オンズ at 12:40| 茨城 ☁| Comment(0) | たまり場たろう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月15日

絶好調!!

練習.jpg
 久しぶりの三役揃い踏みライブに向けて練習・練習・また練習でございます。実は先週の木曜日にも3人揃って練習をしたのですが,何と途中で停電!修復までに1時間以上も待たされて,結局尻切れトンボになっていたのです。
 2時から始めて3時間近く,厳しい練習に耐えた爺さんたちに拍手を贈りたいと思います。1号バンマスは息も絶え絶え,手は痺れて指先も痛かったようですが,声はよく出ていたし本当によくがんばったと思います。驚かされたのは3号爺さんです。前回出された課題を見事克服しただけではなく,全体にも目配り気配りを欠かさないといった鼻息です。
 「やっぱ,歌はいいのぉ! 実に爽快じゃ! ダハ・ダハ・ダハハハ!」
 「ウム,やっぱり楽しいのぉ,1号,おぬしの薬にはこれが1番良いのではないか!?」
 「いかにも! 3号,おぬしの言う通りじゃ!」
てな,調子でございます。
 練習は3密で行いましたが,本番はしっかり配慮して対策もバッチリ行いたいと考えています。
 聞くところによると,ライブ参加予約をお断りさせていただいた方々も何名様かいらっしゃったようで,誠に申し訳ございません。次の次なる機会には,いの一番で予約させていただきますので,どうかお許し願いたいと存じます。
posted by オンズ at 20:45| 茨城 ☁| Comment(0) | 練習・・練習・・・! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月07日

人気者

 台風10 号の影響で被災された皆様には,心よりお見舞い申し上げます。
 幸いにして,関東地方ではさほどの影響もなく通り過ぎてくれました。皆様いかがお過ごしでしょうか。
 それにしても,1号バンマスの人気にはおそれいりやの鬼子母神でございます。FBでの「誕生日おでめとう!」の多さに驚きでございます。
 私め2号は,練習・練習また練習でございます。指が変になりそうなので気晴らしに8000mの苦行に出かけるのですが,ここのところなかなか完走できません。しかし,4000mは行ってしまうのでどうしてもまた戻ってこなくてはならないのです。その帰り道,気になっていた草が写真の草です。
イボクサ1.jpg
 お馴染みのツユクサの仲間で「イボクサ」という草です。水際が好きらしく,田んぼの端っこでよく見られます。ツユクサほど多くはないし低く這っているので目立ちません。
イボクサ2.jpg
 気をつけて見ないと気づかずに通り過ぎてしまいます。そこへいくとツユクサの方は花も大きめですし,立ち上がって群落になることもあるので良く目立ちます。でも,これみよがしのところがなく2号の好きな花の一つです。
ツユクサ1.jpg
 青と黄と白のバランスは,大自然の妙と言う他ありません。
ツユクサ2.jpg
 話は変わりまして,9月19日のライブですが,前半「雨」特集,後半「S & G」特集で実施いたします。予定曲を1号バンマスに送ったら,
 「何じゃ,ワシの好きな曲ばかりではないか。」
と,言っております。
 「へぇ,いない間にやっちゃおうと思いやしてね。」
 「何をちょこざいな!」
 「へっ,やるんですか?」
 「エーイ,やらいでか!!」(どこかで聞いたような‥)
てな訳で,いやに力んでおります。
 このコロナ禍の中,密になるのも心配ですので人数を制限させていただくことになるかもしれません。ご予約のほうをどうぞよろしくお願いいたします。
posted by オンズ at 10:40| 茨城 ☁| Comment(0) | 植物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする