2015年07月23日

サトキマダラヒカゲ

satokimadarahikage1.jpg
 私のような虫好きで,普段からそれとなく気を付けているような人間でも,なかなか気が付かない部類の蝶である。「サトキマダラヒカゲ」。ごく近い種類として「ヤマキマダラヒカゲ」という蝶もいるが,両者の区別が「いやはやなんとも」である。
 ある説明によると,「ヤマキマダラヒカゲの後翅裏基部の3つの紋のうち一番下の紋が離れていること。外縁に並ぶ眼状紋の黄色部分が狭いことなどで見分けられる」とあった。
 では,写真の蝶はどちらなのだろうか。図鑑で調べてみてもはっきりとした区別はできなかった。「まぁ,だいたい〜」といった感触しかつかめなかったが,私などは専門の学者様ではないので,その辺でお許しいただくしかないだろう。
 驚くべきことは,このような目立たない蝶に対しても詳しい研究をしている人がいるということである。
 「里」にいたら「サトキマダラヒカゲ」,「山」にいたら「ヤマキマダラヒカゲ」ぐらいの認識で十分のように思われる。でも,「里山」にいたらどうなるのだろう。えーい,そんなときは,「サトヤマキマダラヒカゲ」でいいではないか。
 きっとこのようなこんがらがった話がどこかであり,「それでは」ということで,詳しく研究する人がいたのかもしれない。
posted by オンズ at 22:06| 茨城 ☁| Comment(1) | 虫籠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ルリタテハを採集しにクヌギ林に入るとヒカゲとジャノメはいつもそこにいた記憶があります。正式名前は今まで分かりませんでした。所詮、子供の一時の昆虫採集でした。
Posted by smallbridge at 2015年07月24日 11:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。