2021年01月29日

The Third Answer

ノボロギク1.jpg
 三つ目の答えは,キク科の ノボロギクです。前回のオオイヌノフグリに続いてひどい名前ですよね。「野にある襤褸な菊」ということでしょうが,もうちょっと何とかならなかったのでしょうか。
 だいたい植物学者の先生方はいじめっ子が多かったのでしょうか。逆にいじめられっ子で,仕返しとして草花に八つ当たりしているのでしょうか。かわいそうな正式和名を持たされている草花が結構あります。ボロギクのつく植物は,私の知っている限りでも,ノボロギク,ダンドボロギク,ベニバナボロギクと3種類あります。そもそも「ボロギク」とはサワギクの別名で,サワギクの小さな花が集まった様子が襤褸を広げたようだということからつけられたと,牧野図鑑にありました。
ノボロギク2.jpg
 ノボロギクはヨーロッパ原産で明治の初め頃日本に渡ってきたとされています。今では日本中いつでもどこでも見られます。タネはタンポポのように綿毛に覆われていますが,タンポポのそれよりはるかに毛深いように思われます。とにかくノボロギクのしぶとさには驚かされます。
posted by オンズ at 08:16| 茨城 🌁| Comment(0) | 植物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。