2015年12月09日

Daurian redstart

joubitaki.jpg
 昨日,ジョウビタキのオスを見たと書いておきながら写真を載せられなかったので,おそばせながらの掲載です。
 上の写真は今年の11月(詳しい日付は忘れました)に撮ったもので,かなり離れていたのでこんな感じになってしまいました。遠目でも翅の白点とシルバーの後頭部,黒い背中とオレンジのお腹という派手な出で立ちなので目立ちます。メスはもっと地味ですが翅の白点は同じように目立ちます。残念ながらメスの写真は見つかりませんでした。
 メスの写真を探していて見つけたのが,下の写真です。2011年の2月11日に撮影したジョウビタキのオスです。拙宅の庭に飛来したところを障子の破れ穴から撮ったものです。同じ方法でスズメもねらってみたのですが,見事に逃げられました。
Daurian redstart.jpg
 ジョウビタキのほうが警戒心が薄いのでしょうか。よく撮れたのでとても嬉しく思ったことを記憶しております。タイトルには英名を載せておきました。
posted by オンズ at 22:02| 茨城 ☁| Comment(0) | 鳥小屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月02日

赤いもの

akagera1.jpg
 新年早々つまらぬドタバタで大変失礼いたしました。ON'sオボッチャマ2号でございます。
 名誉挽回という訳ではございませんが,せっかくの新春なので,おめでたそうな赤い実でも撮ってブログを更新しようと散歩に出掛けました。赤い実の方は不作でございましたが,とんでもない「赤いもの」を目撃してしまいました。
akagera2.jpg
 例によって大変見にくい写真で恐縮なのですが,鳥であることはお分かりいただけるかと存じます。しかも2枚目の写真の様子から,キツツキらしいことも確認できるかと思います。
akagera3.jpg
 そうなんです。アカゲラでございます。北海道などでは珍しいものではないようですが,私めの住んでいる地域ではそうそうお目にかかれる鳥ではございません。つたない野鳥観察歴ですが私めが確認できたのは4例目で,撮影にまでこぎ着けたのはお初でございます。
 キツツキの仲間でよく目にするものはコゲラでございます。全体的に灰色っぽく,アカゲラの半分ぐらいの大きさでしょうか。ドラミングも,「コココココ」とかわいらしいものです。
 ところが,今日耳にした音は「ゴゴゴ ゴゴゴゴ」「ガン ガンガンガン」とごつい音でした。「ムム,これはコゲラじゃないな。」と立ち止まって探しましたが,姿は見えません。しかし気配は感じられます。と,この辺までは4回以上の経験がございます。姿を目視するのはここからが問題でございまして,偶然出くわすか,辛抱強く待つしかございません。今日は辛抱強く待つことにしました。
 河川敷の散歩コースとして整備されている所でございます。正月とはいえ,散歩を為さる方がけっこうおいでになる所に,真っ黒ないでたちで,上を向いて立ち尽くすおっさんがいるわけですから,さぞかし怪しい雰囲気だったことでしょう。
 10数分そうしていたでしょうか。首が痛くなってしまいましたが,出ました。出て来ました。間違いなくアカゲラです。高い木の上で距離も遠いのですが,迂闊に動けません。何とか撮れたのが上の三枚ということでございます。
posted by オンズ at 23:45| 茨城 ☁| Comment(0) | 鳥小屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月07日

オオタカ

ootaka1.jpg
 またまたついでで申し訳ないのですが,ちょいと外歩きをしていたら猛禽類と思わしき鳥が数羽のカラスに取り囲まれて飛んでおりました。近くの電柱にフワッと留まると,カラスどもなど相手にする様子も無く,実に気高い姿勢で佇んでおりました。
ootaka2.jpg
 私めオボッチャマ2号の知る限りでは,トビでもノスリでもチョウゲンボウでもございません。オオタカでございます。
 いやはやなんとも,びっくり仰天でございます。電線を堺に右は広々と田んぼが広がり,左は線路を挟んで住宅地になるような場所でございます。
 「なしてこっただときに,こっただ場所で…。」
 今年度はこういうことが多くて喜ぶべきだとは思うのですが,素直に喜んでいられる状況でないのが悲しい悲しいところでございます。
posted by オンズ at 23:46| 茨城 ☁| Comment(0) | 鳥小屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする