2015年07月13日

アカシジミ

akasizimi1.jpg
 最近,見慣れない蝶を目にする機会が増えたような気がする。しかし,そんなことは私どもの勝手な思い込みで,それはいつもそこここにいたのかもしれない。「お前さんが気が付かないだけだよ。」と蝶に言われるかもしれない。実際興味がなければ気にもとめないだろうし、他の事に気をとられていると見逃すこと多々ある。「ものは『気』で聞く,『気』で見る」。昔何かで読んだだろうか。こんなことを思い出した。
akasizimi2.jpg
 「アカシジミ」。特別珍しい種類ではないようだが、私は初めて見た。「ベニシジミ」というのは、よく見かけるし、名前も知っている。いや逆か。名前を知っているからよく見かけるのかもしれない。「アカシジミ」を図鑑で調べた後、2回ほど目撃した。
posted by オンズ at 23:04| 茨城 ☁| Comment(0) | 虫籠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月06日

アオスジアゲハ

 「ねぇ,ライラックにアオスジアゲハが来てたわよ。」
 愚妻は蝶のことなんてあまりよく知らないはずなのに,ふとそんなことを話し始めるのです。私のイメージでは,夏の真っ盛り,ヤブカラシの花の近くを軽快に飛び回る蝶だったので,俄に信じられませんでした。
 「ふーん,ルリタテハじゃないの? 去年サルトリイバラで蛹になってたじゃな
  い!」
 「あら,そう!? でも,青いスジが綺麗だったわよ。」
 「ルリタテハだって,青いスジが綺麗だよ。羽を閉じちゃうとただの茶色いタテハ
  だけどね。」
 「そうなの? 私,毛虫と蛹しか知らないわ。」
 「そっちを知ってる方がむしろレアだよね。」
 「だって貴方が『殺すな』って言うから,覚えちゃうわよ。」
 昨日の愚妻との会話の一部です。そして今日,
aosuji1.jpg
 「ライラックにアオスジアゲハが来てる。」
 「ねぇ! だから,そう言ったでしょ!!」
 「ごめん,ごめん。貴女が正しかった。傷なしの綺麗な蝶だよ。」
aosuji2.jpg
 「前の蝶よね。花を覚えていて,また来たんだわ。普通のアゲハも来てたのよ。
  パセリ食べちゃうやつ…。」
 「パセリを食べるのはキアゲハだよ。」
 「あら? でも普通のアゲハだったわよ。」
 「パセリを食べる幼虫とサンショを食べる幼虫とは別だろう。」
 「幼虫の違いは分かるけど,成虫の違いはよく知らないわ。」
 「いやはや何とも,貴女は変わった奥様だね。幼虫の違いを分かる主婦なんて,
  あんまりいないんじゃないの?」
 「そうかしら? 『門前の小僧 習わぬ経を読む』かしらねぇ!?」
 ともかく,ライラックにいろんな虫が来ているのは事実です。
siroten.jpg
 アオスジアゲハを撮りながらよくよく花を見ていると,シロテンハナムグリの仲間や
M tsumaguro.jpg
 ツマグロヒョウモンのオスを発見しました。
posted by オンズ at 22:51| 茨城 ☁| Comment(1) | 虫籠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月29日

ルリタテハ

ruritateha2.jpg
 タテハ科の蛹には,何故か金色の斑点が出るものが数あります。ヒメアカタテハもそうですし,このルリタテハの蛹もそうです。写真では一寸見にくいのですが,蛹の中央部分に白っぽく見えるのが実は金色の班点になります。
 せっかくMr. Smallbridgeにお褒めいただいたのに,また以前のようにぼやけた写真でごめんなさい。
 蛹がぶら下がっている植物はユリ科のサルトリイバラです。そう言えば昨年の夏,愚妻が言っておりました。
 「ねぇ,サルトリイバラにイラガがついているみたいよ。」
 「えぇ!? イラガがサルトリイバラに…?」
 確認のため庭の鉢を見に行きましたが,見当たりません。確かに虫がいた形跡はありましたが,毛虫そのものは発見できませんでした。
 今シーズンの夏の終わり,また愚妻が
 「ねぇ,近所のおじさんがサルトリイバラについたイラガを手でとって踏んづけち
  ゃったんだけど,大丈夫かしら?」
 「イラガはまずいでしょ! また出たのかい?」
 「ええ,去年と同じようにね。」
 「どれどれ…!」
 今年はちゃんと確認できました。
ruritateha1.jpg
 「あれはねぇ,ルリタテハだよ。」
 「あらっ? だって刺刺がいっぱいあったわよ。」
 「確かに見た目は毒々しいけど,ルリタテハなら大丈夫だよ。毒はないから。」
 「へぇ,そうなの?! どう見ても綺麗な蝶になるようには見えないけど…。」
 「蝶が全て綺麗なわけじゃないよ。ルリタテハも羽を閉じているとお世辞にも綺麗
  とは言えないね。でも,羽をひろげると瑠璃色のストライプがとても綺麗なんだ
  よ。」
 「そう言えば,そんなのがホトトギスの方にいたわよね。」
 「ホトトギスとかサルトリイバラなどのユリ科の植物が食草なんだよ。イラガがユ
  リ科の植物についているのは見たことがないね。」
posted by オンズ at 23:15| 茨城 ☀| Comment(0) | 虫籠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする